呉市市民協働センター

あなたと一緒に考えます 市民協働のまちづくり

日別: 2019年10月6日

【10/6 実施!KURE防災かいぎミーティング 】


毎月6日は防災かいぎミーティングの日!
今月は6日(日)10時〜くれ協働センターで実施します。

3月に開催予定の防災イベント「KURE防災かいぎ」に向けて、それぞれのやりたいこと、知りたいことを出し合う場です。

初めての参加も大歓迎!
参加できる時に、自由に参加してくださいね。


みんなでつくる、防災かいぎ!
ぜひ、皆さま、ご参加くださいね。


スタッフ 岩崎

【自治会・まちづくり委員会・まちづくり協議会めぐり「仁方地区子ども会連合会:仁方探訪〜ふる里ふれあいたんぼう〜」】

協働センターでは、各地区の面白いまちづくりの取り組みを紹介するため、様々な団体さんの活動に伺っています。

今回は9月29日(日)に行われた仁方地区子ども会連合会主催の「仁方探訪」に参加しました。仁方小学校の1年生〜6年生が3グループに分かれ仁方町内の旧跡を巡って由来を学びました。

地元の方によれば、1622年徳川家光の時代に「仁方」となったそうです。こういった知らなかった話を聞けるのも楽しいです。仁方町の中心を示す標柱が呉仁方郵便局前にあるのですが、呉市の中で中央標識があるのは、仁方町だけなのだそうです。

コースの中に「虚空蔵菩薩」を入れるのは初の試みだったそうですが、ここは子どもの安全と健やかに育つご利益があり、毎月12日に西神町の老人会の方々が清掃をされているそうです。今まで訪れたことがなかったと答える参加者が多かったです。

八岩華神社にある高さ約30mの楠の大木は、樹齢400年にもなり、兄弟樹が宮島の大鳥居に使われたそうです。
仁方地区は地勢的に台風や洪水などの被害に遭うことが多く、雨や台風の時期に水の侵入を防ぐため、石塀に板をはめる跡が残っている場所が今もあります。八岩華神社周辺は昔海だったそうです。

仁方の歴史を知っている人が年々少なくなっているそうですが、資料を残しているそうです。地元に住んでいても普段なかなか訪れない場所を皆んなで歩いてみるというのは楽しい時間ですね。
また、由来を知ることで何気なく歩いている場所がより身近に感じられる、より好きになる、そんな取り組みでした。

スタッフ 岩崎