来て見て知って♪呉市市民協働センター

【がんばる市民・NPO・コミュニティを応援します】

月別: 2018年11月

【「体験まつり」が開催されました!/ひろ協働センター】

1階屋外ステージでは、
11月も今日が最後となりました。今年も残りが少なくなってきましたが
先週、11月23日(金・祝)は、広地区教育祭参加イベントとして
ひろ協働センター「体験まつり」が午前10時~午後3時まで開催されました~♪
今年は、25団体のポスター展示と、
12団体のワークショップ体験、
1階屋外ステージで2団体の演武があり
小さな子どもさんから大人まで、幅広い年齢層の多くの方に
市民活動をしている団体の活動紹介ポスターを見ていただいたり
団体活動のワークショップ体験をしてもらえることができました^^
★(公社)日本将棋連盟呉将棋愛好会支部 将棋体験
★呉かるた会 かるた体験
★呉市車椅子九嶺倶楽部 車いす体験
★広島県建築士会社会活動委員会女性部会 たてもの探検
★スポーツ吹矢同好会安芸つばき支部 スポーツ吹矢体験
★おいもを愛する会 けん玉づくり
★ほのぼのネット 折り紙あそび
★呉工業高等専門学校電気情報工学科 簡易LEDライトづくり
★広島県青少年育成アドバイザー協議会 マジックグッズつくり
★プラチナ・子ども遊び塾 ぶんぶんゴマづくり
~1階屋外ステージ~
★呉玉すだれ同好会 玉すだれ演技・体験
★ゆずりは なるこ会 よさこい演舞
広南中学校から「もくりんさん」の
飛び入り参加もあって楽しいステージになりましたよ~♪
たくさんの人に参加していただき、
少しでも呉市内で活動している団体のことを覚えて帰ってもらえたら嬉しいです^^
ひろ協働センターでは、呉市内で市民活動をしている団体の活動紹介ポスターを
12月末まで引き続き展示しています。
どんな団体が、どんな活動をしているか、ぜひ 見に来てくださいね~^^

 

スタッフ 大下

 

 

 

 

【「KURE 防災 かいぎ meets 圏域まちづくり大学」開催!】

平成31年1月20日(日)に、初めての防災イベント「KURE 防災 かいぎ」を開催します。

入場無料、予約不要です。
ぜひご参加ください。

[概要]
日時:平成31年1月20日(日)
場所:呉市役所1階(絆ホール、シビックモール、くれ協働センター)、中央公園

阪神・淡路大震災をきっかけに、被災者の方の声を徹底して調査した結果生まれた、子どもが楽しく学べる防災訓練「イザ!カエルキャラバン!」や、その企画を作ったNPO法人プラス・アーツの永田宏和さんの講演会があります。

また、7月の西日本豪雨災害でのボランティア活動の紹介や、被害状況を紹介する展示も設けます。

今回のイベントは、呉市市民協働センターがこの2年間、地域の方々との座談会をする中で、各地域が共通に大切にしているテーマである「防災」を考えよう!と、この夏の豪雨災害前に実施を決めていました。

そして、今回の豪雨災害を受けて、やはり、改めて「防災」の大切さを知りました。

企画内容を練り直し、改めて、これからの呉市の防災とまちづくりを、市民一人一人が考えて実行に移すきっかけの場にしたいと考えています。

ぜひ、ご参加ください。

また、出展についての希望も受け付けております。

[問い合わせ先]
くれ協働センター
平日 9時〜20時/日・祝 9時〜17時(月曜休館・祝日の場合は翌日)
電話番号 0823-25-5602

=========================

今年7月の西日本豪雨災害。
呉市民は、これまでにない大きな災害を経験しました。
備えていても防げなかった被害も、もちろんありました。

しかし、多くの呉市民が「呉は大丈夫」という意識でいたことも事実です。

地震、土砂災害などの大災害が起こった際に自分は「どうする」か。
また避難所での生活が始まると自分は「どうなる」か。
その際自分に自分に何が「できる」か。
それらを現実の問題として経験した今、改めて、
地域の助け合いが実践されるための基礎づくりにつなげるための
「防災」を皆で考えるイベントを実施します。

また、今回の災害は呉市だけでなく、周辺の市町村を含めた広域災害。
他地域の事例も学び、今後、災害が起きた際の連携を検討もできる場とします。

=========================

【にじいろくれよん13号発行】

呉を彩るひと「くれにょん」をご紹介している「にじいろくれよん」13号を発行しました。

今回のくれにょんは、親子のふれあいをタッチケアを通じて広げる活動をしている「ベビータッチケアBambino〜バンビーノ」や、親が一緒に学び合いの場をつくる広島県の事業「『親の力』をまなびあう学習プログラム」でファシリテーターを務めている、深田聡美さんです。

“ふれあい”と“語り合い”ができる場所をつくっていきたい、と語られる深田さん。

活動を始めたきっかけなど、ぜひご一読いただければと思います。

「にじいろくれよん」は、くれ協働センター、ひろ協働センター、呉市社会福祉協議会、各市民センター、まちづくりセンター、呉市内の図書館、呉市役所で配布しています。
呉市公益活動団体、またボランティア情報をお届けする登録制度「くれボラ」の登録者の方にはお送りしています。

その他にも、配布希望の団体、施設などありましたらご連絡ください。

スタッフ 小野

【明日は「体験まつり」です/ひろ協働センター】

今年も11月23日に、広市民センターの「広地区教育祭」の一環として「体験まつり」が開催されます。(^^)

呉市内で活動している ボランティア、市民活動団体の活動ポスター展や、団体さんによる体験コーナーがあります。


昨年も大好評だった「スタンプラリー」も実施します。
体験ブースをまわって、スタンプを5つ集めて、景品をゲット
先着100名様ですよ〜。(^o^)/ お早めに

呉で活動されている団体のことを知って、
ブースで色んな体験をいっぱいして、
皆さんでワイワイと楽しい1日を過ごしに来てくださいね。

お待ちしております。

●とき:11月23日 10時〜15時
●場所:ひろ協働センター4階、7階、1階

🍀去年の「体験まつり」の様子はこちらです🍀
「2017年 体験まつり アルバム」
https://www.facebook.com/pg/ccc904/photos/?tab=album&album_id=1612802708779813

スタッフ 井上

【ボランティア情報 11月】

呉市市民協働センターでは、毎月、ボランティア募集情報やセンターからのお知らせをメールマガジン「メルボラ」で配信しており、情報は各センターでの掲示物でもお知らせしています。
参加したいボランティアがある場合は、それぞれの連絡先に直接お問い合わせください。

ぜひ様々な活動をする際の参考にしてくださいね!

*******もくじ*********
ボランティア募集情報 7件
市民協働センターからのお知せ 3件
にじいろサロンのお知らせ
*******************

◯ボランティア募集情報◯

【古切手・書き損じハガキの整理ボランティア募集】
内 容:「善意のポスト」に集まった古切手・書き損じハガキの仕分けや整理
日 時:平成30年12月14日(金)13時30分から15時30分
場 所:呉市社会福祉協議会2階 小会議室 呉市中央5−12-2呉市福祉会館内
定 員:15名
問合せ:呉市社会福祉協議会 地域福祉課
電 話:0823 25 3505

【登山路整備のボランティア募集】
内 容:中国自然歩道、二河峡・二河公園、観音堂への参道の落ち葉の撤去
日 時:平成31年1月6日(日)9時から12時まで(雨天中止)
集 合:午前9時 二河駐車場
持ち物:タオル・飲み物・手袋(道具は事務局で準備)
締切日:12月14日(金)までに氏名と連絡先をお伝え下さい
申込先: サポート・トレッキング・グループ
電 話:0823 33 5836/携帯 090 7770 5836(宮岡)
備 考:活動内容の詳細は「サポート・トレッキング・グループ」のホームページをご覧ください

【第16回国際交流フェスタinくれ ボランティア募集】
内 容:毎年行われる国際交流フェスタでの設営・受付・会場整理・体験ブースサポート・写真撮影など。
日 時:平成31年2月10日(日)13時から16時
場 所:呉市役所1階(くれ絆ホール含む)
対 象:事前打ち合わせに出席できる方(2月7日(木)を予定)
共 催:呉市、呉グリーンライオンズクラブ
申込み:0823 25 5607 国際交流センター(呉市役所1階)
備 考:外国人の方も大歓迎です!*希望者にはボランティア証明書を発行します(学生のみ)*応募人数によってはお断りする場合があります

【ワンコイン ボランティア募集】
内 容:障害者施設に置いて利用者の見守り・散歩・送迎バスの添乗・お掃除など幅広く募集します
日 時:たまご会開所日(活動2時間程度)
場 所:呉市郷原町1943
問合せ:社会福祉法人 たまご会
電 話:082370 3737(担当:北村・信谷)
携 帯:090 8061 0830(信谷 のぶたに)
備 考:交通費分として1日500円支給します

【無料学習支援者の募集】
内 容:子供達(小学生〜高校生)に学校の予習・復習や勉強を教えて下さる方の募集
日 時:毎月第3日曜日 15時から17時
場 所:ひろ協働センター 会議室(広市民センター4階)
問合せ:学び隊(たぁーい)教え隊(たい)
電 話:090 4579 7878(山中)*午前中または19:00以降に連絡

【呉市動物愛護センター・収容動物のお世話ボランティア】
団体名:くれアニマルボランティアの会
日 時:毎月第3日曜日 13時から15時(少しの時間でも可能です)
場 所:呉市動物愛護センター(呉市郷原町2380-319グリーンヒル郷原南側)
アクセス:http://hiroshimapet.blog109.fc2.com/blog-entry-524.html
内 容:収容動物のお世話(散歩やブラッシング)、施設の清掃など。作業にあたっては職員及び動物愛護推進員が案内致します。
服 装:汚れても大丈夫な服装でご参加ください。散歩の際には日よけ帽子(水分補給なども)、施設内の作業はマスク・長靴が必須です。
定 員:高校生以下の方は保護者同伴でお願いします。定員限りあり。
電 話:0823 70 3711(9時から17時)
備 考:ペットを飼っていらっしゃる方は、ペットワクチンを接種し、作業で着用した服、靴の殺菌、手洗いなど感染防止を徹底してください。

【エキストラ・ボランティアスタッフ登録募集】
団体名:呉地域フィルムコミッション
内 容:エキストラ・ボランティアスタッフ
担 当:呉市産業部観光振興課内
電 話:0823 25 3309
メール:kankou@city.kure.lg.jp
URL:http://www.kurearea.jp/film/index.html
備 考:なお、この募集は「登録」であり、必ずしもエキストラ及びボランティアスタッフとしての参加を約束するものではありませんのでご了承ください。

◯市民協働センターからのお知らせ◯

※開催間近!【広地区教育祭参加イベント ひろ協働センター 体験祭り】
呉市内で活動しているボランティア・市民活動団体の活動紹介や、団体さんによるワークショップコーナーがあります。子どもから大人まで楽しめるイベントです。是非遊びに来てください。
期 間:11月23日(金・祝)10時から15時
場 所:ひろ協働センター(広市民センター4階)
入 場:無料
問合せ:0823 71 0321 ひろ恊働センター 平日・土日祝9時~17時(水曜休館 ※祝日の場合、翌日休館)

【呉の秋祭り写真展 2018】
お祭りに欠かせない存在の「ヤブ」をメインに、地域の秋祭りの様子を写真で展示しています。11月3日の小祭りの写真も追加しました。迫力のある写真をぜひご覧ください。
期 間:10月8日(水)から現在展示中
場 所:くれ協働センター フリースペース(呉市役所1階)

【市民活動団体ギャラリーのお知らせ】
呉市内で活動している団体さんに、活動紹介パネル展を月替わりで開催していただくレンタルスペースです。ギャラリーは団体ご自身にレイアウトして頂いています。現在、1月以降の展示団体を募集しております。利用方法など詳しくはひろ恊働センターまでお問い合わせください。
12月の展示:市民団体活動ポスター展
場 所:ひろ協働センター フリースペース内(広市民センター4F)
問合せ:ひろ協働センター 0823 71 0321 (9:00-17:00/水曜休館)

◯にじいろサロンのお知らせ◯

テーマ:「パステルアートで素敵な絵を描こう!」
内 容:パステルを使った絵を作成します。完成後には、お茶を飲みながら地域の気になる話をしましょう。
日 時:12月21日(金)10時から12時
場 所:くれ協働センター(呉市役所1階)
対 象:呉市内在住の方
定 員:大人8名
申 込:初めて参加する場合は12月1日(土)から、参加したことがある場合は12月5日(水)からいずれもお電話でお申し込みください。
料金:無料(まちづくりに関するアンケートにご協力ください)
問合せ・申込先:くれ協働センター 0823 25 5602(月曜休館)
主催:呉市市民恊働センター

********************

【「メルボラ」の登録と解除方法】

mm@kuresc.net

上記のメールアドレスの件名に、登録する場合は「登録」と記入して送信してください(本文は未記入で構いません)。ご登録いただくと、呉市市民協働センターからメールマガジン「メルボラ」を配信します。ご購読は無料です。是非、ご登録ください。また、解除する場合は「解除」と記入して送信してください。

********************

呉市市民協働センターでは、地域情報や団体紹介をしています。
ぜひ、呉市役所1階の「くれ協働センター」広市民センター4階の「ひろ協働センター」にお越しください。

発行元:くれ協働センター
呉市中央4丁目1−6 呉市役所1階
TEL:0823 25 5602

呉市市民協働センター
http://kurekyoudou.net/

【にじいろサロン@ひろ/ひろ協働センター】

隔月第3金曜日に開催している「にじいろサロン@ひろ」ですが、

先週、11月16日(金)に開催されました!

今回は「若返りのピンクで女子力アップ♪」というテーマで

色彩カウンセラーの神尾友里さんを講師に招いて、

ピンク色の話を教えていただいて、その後、ピンクを使ったミニ額を作りましたよ♪

 

皆さんは、「ピンク」と聞いてどんなピンクを思い浮かべますか?

ピンクにも色々な種類があって、「これもピンク~?!」と

驚くようなピンク色を知ることができて、とても新鮮でした。

ピンクを生活に取り入れると、心が生き生きとしたり癒しにもなるそうです。

作ったピンクのミニ額を家で眺めて、

心が安らぐ時間を持ってもらえると嬉しいなと思いました^^

 

完成後は、地域の話をする時間です^^

今回は、恒例「クイズde 質問」形式での情報交換タイム♪

 

呉は、山と海を近くに感じることができる町。

いつも通る道の裏手に、今まで知らなかったいちじく農園があることを教えていただいたり、

海が見える地域に住んでいらっしゃる方が数名いらっしゃり、

そこから見える魅力ある海の風景を教えていただきました。

どちらも、車でも行ける場所だったので、いつか行ってみたいと思います^^

 

 

次回の「にじいろサロン」は、

●くれ協働センター:12月21(金)10:00~

「パステルアートで素敵な絵を描こう」

●ひろ協働センター:1月16日(金)10:00~

「パステルプラバン&ワイヤークラフトでハッピーバレンタインリースをつくろう!」です。

皆様とお会いできるのを楽しみにしています^^

 

スタッフ 大下

【宮原地区まちづくり推進協議会「防災を考える宮原地区の集い2018 第2部」】

地域の方々の関心が高いのは、やはり「防災」です。
“いざという時にどう対処すればいいのか”をご紹介できるように、協働センターでもさまざまな防災の取り組みを調べています。
7月の西日本豪雨災害の発生により、呉市民も大きな被害に遭いました。
大丈夫だろうではなく、まさかは起きると考えて、日頃から防災・減災について考えることが大切だと考えます。

今回は11月11日(日)に開催された、宮原まちづくり推進協議会主催の「防災を考える宮原地区の集い 第2部」に取材に行きました。
9月に開催された第1部では宮原地区自治会連合会の方々など58名が参加し、西日本豪雨災害について考える話し合いを行いました。

 

宮原まちづくりセンター2階の会場には、体験コーナー・展示コーナー・試食コーナー・アンケートコーナーの4つがありました。

体験コーナーでは、イベントの協力団体である「呉昭和自主防災連合協議会」の方が作った地震体験機「じしんだー」や、水位が上昇すると危険を察知し知らせる「水位上昇検知器」や、地震発生のメカニズムを表した模型がありました。
「じしんだー」は、装置の上に乗り震度7までの揺れを20秒から30秒体験するものです。揺れている間、身の安全を確保しなければならないと考えると怖いし、長く感じるだろうなと思いました。

工作コーナーと、試食コーナーは宮原地区の防災リーダーが担当されていました。
工作コーナーでは新聞紙で簡易のお皿やスリッパ、コップを作り、子どもさんからご年配の方々が参加し楽しみながら作っていました。
試食コーナーでは非常食が試食でき、参加者からは「予想以上においしい」との声がありました。

展示コーナーでは、宮原小学校と坪内小学校の4年生が総合学習の時間で、防災について考え、まとめたポスターの展示があり、宮原小学校の児童が地域の方に説明していました。

このイベントの担当者である宮永さんは、「市民の方々に見て体験してもらい、防災について自分ごととして考えてもらいたいです。人は時間が経ったらどうしても忘れてしまいます。防災について考えるイベントを毎年やることに意味があると思います。防災の意識を高め、宮原地区に防災リーダーがもっと増えて、防災協議会が出来たらいいと考えます。宮原の危険区域の見守り活動や、防災倉庫の道具の点検などができればいいと思います」と、おっしゃっていました。

地域の中に、楽しみながら今一度防災について考えてみるイベントがあるというのは、とても良いことだなと思いました。
「自分ごととして考える」という言葉、とても心に響きました。

 

★★★告知★★★
呉市市民協働センターは、来年1月20日(日)に呉市役所と中央公園で、初めてとなる防災イベント「KURE防災かいぎ」を開催します!
詳細は後日告知させていただきます。
市民の皆さんにとって新しい発見があるイベントとなるように企画を進めています。
ぜひご参加ください!

スタッフ 岩崎

【11月おすすめ本紹介/ひろ協働センター】


11月になり、カレンダーも残り2枚となりました。

今年も残り少なくなったなぁとしみじみ感じる今日この頃ですが

ひろ協働センターでは、今月も本の紹介をしていきますよ~^^

 

11月に紹介する本は・・・

 

「縮小まちづくりー成功と失敗の分かれ目」

(米山 秀隆/箸)

消滅自治体にならないための方策が述べられている本です。

縮小まちづくりとは、地域の魅力を高め、活力を維持する「エリアマネジメント」に取り組みながら、「コンパクトシティ」を作ること。

縮小まちづくりの戦略について、先進的な事例を取り上げ、それがどのような背景で現れ、

また、なぜ成功するに至ったのかについて分析されています。

人口減少時代にまちが生き残るために、どのような方策が取られているか、自分の住んでいるまちを思い浮かべながら読んでみると良いかもしれません。

 

そして、9月から引き続き

「災害関連図書紹介コーナー」を設置しています。

災害や、防災に関する新聞記事・書籍を紹介しています。

・災害ボランティア入門(ピースボート 災害ボランティアセンター/著)

・いつ大災害が起きても家族で生き延びる(小川 光一/著)

・みんなの防災ハンドブック(草野 かおる/著)

・災害支援手帳(萩上 チキ/著)

・逃げるバリアフリーマニュアル(沖縄バリアフリーツアーセンター/編)

・「もしも」に備える食(今井 伸一・今泉 マユ子/箸)

・いぬと、ねこと、わたしの防災 いっしょに逃げてもいいのかな?(平井

潤子/箸)

ひろ協働センターでは、ゆっくり読んでいただけるスペースと、貸し出しも行っています。

本紹介コーナーでは、スタッフの一言感想も一緒に掲示してあります♪

広に来た際には ぜひ、寄ってみてくださいね~^^

 

スタッフ 大下