【11月おすすめ本紹介/ひろ協働センター】


11月になり、カレンダーも残り2枚となりました。

今年も残り少なくなったなぁとしみじみ感じる今日この頃ですが

ひろ協働センターでは、今月も本の紹介をしていきますよ~^^

 

11月に紹介する本は・・・

 

「縮小まちづくりー成功と失敗の分かれ目」

(米山 秀隆/箸)

消滅自治体にならないための方策が述べられている本です。

縮小まちづくりとは、地域の魅力を高め、活力を維持する「エリアマネジメント」に取り組みながら、「コンパクトシティ」を作ること。

縮小まちづくりの戦略について、先進的な事例を取り上げ、それがどのような背景で現れ、

また、なぜ成功するに至ったのかについて分析されています。

人口減少時代にまちが生き残るために、どのような方策が取られているか、自分の住んでいるまちを思い浮かべながら読んでみると良いかもしれません。

 

そして、9月から引き続き

「災害関連図書紹介コーナー」を設置しています。

災害や、防災に関する新聞記事・書籍を紹介しています。

・災害ボランティア入門(ピースボート 災害ボランティアセンター/著)

・いつ大災害が起きても家族で生き延びる(小川 光一/著)

・みんなの防災ハンドブック(草野 かおる/著)

・災害支援手帳(萩上 チキ/著)

・逃げるバリアフリーマニュアル(沖縄バリアフリーツアーセンター/編)

・「もしも」に備える食(今井 伸一・今泉 マユ子/箸)

・いぬと、ねこと、わたしの防災 いっしょに逃げてもいいのかな?(平井

潤子/箸)

ひろ協働センターでは、ゆっくり読んでいただけるスペースと、貸し出しも行っています。

本紹介コーナーでは、スタッフの一言感想も一緒に掲示してあります♪

広に来た際には ぜひ、寄ってみてくださいね~^^

 

スタッフ 大下