来て見て知って♪呉市市民協働センター

【がんばる市民・NPO・コミュニティを応援します】

Month: 12月 2018

【「KURE防災かいぎ」内企画:イザ!カエルキャラバン!】

1月20日(日)に開催する「KURE防災かいぎ」の内容を、少しずつご紹介していきます。

 

“楽しく学べる防災訓練”として実施する「イザ!カエルキャラバン!」は、兵庫県神戸市のNPO法人「プラス・アーツ」さんが開発した防災訓練プログラムです。
1995年の阪神・淡路大震災で被災された方の声を元に考案され、2011年の東日本大震災などから、様々に内容を更新されています。

イザ!カエルキャラバンの紹介
http://kaeru-caravan.jp/

今年の6月2日、防災イベントの担当スタッフ2名で神戸に研修に行ってきました。
被災者の声を元にした実践的な内容でありながら、大変楽しくわかりやすく学べる!と考え、今回、防災かいぎで取り組むことにしました。

その研修の時には、まさか、その1ヶ月後に呉が被災地になるとは思っていませんでした。

毛布1枚を担架にする方法、災害時のために家に備えておくべきもの、避難所に持ち出すもの、食器が無いときには紙だって食器にできること。

実際に、被災地では、このような訓練がそのままに生きる現場もあったのでは無いでしょうか。

イザ!は、もちろん起こらないのが一番です。
でも、起こるかもしれないことを、この災害で学びました。

ぜひ、子どもたちと一緒に。
イザ!という時のために、学びましょう!

スタッフ 小野

【にじいろサロン@くれ 参加者募集中!!】

住んでいる地域についてのお話を楽しむ「にじいろサロン」。
12月21日(金)はくれ協働センターで開催します。
今回のテーマは「パステルアートで絵を描こう」です。
パステルアートとは、パステルというカラフルな画材を使って描くアートです。
優しい色合いが印象的なパステルアート。クリスマスに向けて素敵な絵を描いてみませんか。

 

日 時:12月21日(金)10:00〜12:00
場 所:くれ協働センター(呉市役所1階)
定 員:8人(定員に達し次第締め切ります)
参加費:無料(まちづくりに関するアンケートにご協力ください)
申 込:くれ協働センター 25-5602(火曜〜土曜9時〜20時、日曜・祝日9時〜17時/月曜休館)

手作りワークショップと地域のお話、是非お気軽にご参加ください。

スタッフ 岩崎

【1月20日(日)「KURE防災かいぎ」ボランティアスタッフ・出展者募集中!】

 

くれ協働センターに、カエルが一体届きました!

・・・と言っても、カエルのぬいぐるみです。
1月20日(日)の防災かいぎで実施する「イザ!カエルキャラバン!」の「毛布で担架タイムトライアル」で使用します。

イザ!カエルキャラバン!
http://kaeru-caravan.jp/

広島県内でこちらのプログラムを実施している「八幡東ほうれんそうネット(https://www.com-net2.city.hiroshima.jp/yahatahigashi/)」さんからお借りすることができました。

準備を着々と進めていますよ♪

当日ボランティアスタッフと出展者もまだ募集中です。
今月20日までにくれ協働センターにご連絡くださいね!


※詳細は募集チラシをご確認ください。
ひろ協働センターでご相談いただいても大丈夫です。

みんなで地域の防災を考えましょう!

スタッフ 小野

【 利用者交流会を開催しました! 】

 

先週30日(金)に利用者交流会を、くれ協働センターで開催しました。
呉市市民協働センターを利用している登録団体を対象に、今年度第1回目の利用者交流会を開催し、呉市公益活動団体に登録されている団体から、26団体30名の方々に参加いただきました。
呉市市民協働センターでは、利用者の方々の交流を深め、協働の動きが交流から生まれる場にしようという目的で「利用者交流会」を行っています。
交流会では「自己紹介」「団体運営の悩み 知りたいことなど気になっていること」「団体運営の悩みなど意見に対してアイデア、自分たちの団体での工夫」という内容で、5グループに分かれ話をしました。
話し合いが終わるとスタッフが、各グループのまとめを発表しました。
 
メンバーが違えば、生まれるアイデアも違う。
グループごとの発表内容もそれぞれ違っていて、とても興味深かったです。
参加者の皆さまにとって、お互いの活動を知り、思いを共有できる場になったのではないかと思います。
ご参加ありがとうございました。
スタッフ 岩崎

【12月おすすめ本紹介/ひろ協働センター】

今年のカレンダーも残すところ1枚になりました!

12月になり温かい日が続いていましたが、明日からは寒さが戻るようです。

寒さに負けないよう、ひろ協働センターでは、今月も本の紹介をしていきますよ~^^

 

12月に紹介する本は・・・

 

「どこまでやるか、町内会」

(紙屋 高雪/箸)

・町内会を嫌い、そのわずらわしさから逃れたい人たちの悩み。

・町内会のすばらしさを実感し、その活動を受け継いでほしいけれども、なかなか担い手が現れないという悩み。

この2つの悩みは一見すると正反対なものだけど、その根っこは同じものと感じた筆者が、

「切実に感じている両方の悩みに応えている本にしたい」という思いからできた1冊です。

当たり前と思っていた町内会の仕事も当たり前ではない。

そうなのか!こういう考え方があったのか!

と、視点が変わる内容が満載でした。

他人事ではない町内会。ぜひ、読んでみてください。

 

そして、9月から引き続き

「災害関連図書紹介コーナー」を設置しています。

災害や、防災に関する新聞記事・書籍を紹介しています。

 

・災害ボランティア入門(ピースボート 災害ボランティアセンター/著)

・いつ大災害が起きても家族で生き延びる(小川 光一/著)

・みんなの防災ハンドブック(草野 かおる/著)

・災害支援手帳(萩上 チキ/著)

・逃げるバリアフリーマニュアル(沖縄バリアフリーツアーセンター/編)

・「もしも」に備える食(今井 伸一・今泉 マユ子/箸)

・いぬと、ねこと、わたしの防災 いっしょに逃げてもいいのかな?(平井

潤子/箸)

ひろ協働センターでは、ゆっくり読んでいただけるスペースと、貸し出しも行っています。

本紹介コーナーでは、スタッフの一言感想も一緒に掲示してあります♪

広に来た際には ぜひ、寄ってみてくださいね~^^

 

スタッフ 大下