【4月おすすめ本紹介/ひろ協働センター】

協働センターのブログも新しくなり、初めての図書紹介です^^

 

4月に紹介する本は・・・

 

・NPOで働く「社会の課題」を解決する仕事(工藤 啓/著)

・フードバンクという挑戦 貧困と飽食のあいだで(大原 悦子/著)

 

この2冊です!

 

 

 

 

 

 

 

NPOで働く 社会の課題を解決する仕事」

全国におよそ50,000あるNPO法人。

NPOというと、まだまだ「ボランティア」イメージが強いのですが、

著者の工藤啓さんは、若いひとから年配のひとまで広く、「NPOで働く」ことを

選択肢のひとつとして考えてもらいたいと、思いから、この本を出版されたとのことです。

新たなNPOの役割と新しいビジネスのあり方。

色々な形のNPOがあることを教えてもらえる1冊です。

 

「フードバンクという挑戦 貧困と飽食のあいだで」

先月から引き続いて、フードバンクの本です。

先月紹介した「未来にツケを残さない」では、現在、活動されている団体の

取り組みなどが紹介されている本でしたが、今回は、フードバンクが誕生した経緯や、

フードバンクに限らず、日本でのボランティアに関する問題・課題やNPO運営の課題なども

書かれていて、今月紹介しているもう一冊の「NPOで働く」とも

関連があるような内容でもあると感じる本でした。

無償ボランティアでは、なかなか活動が根付かない。

改めて考えさせられる1冊でした。

 

福祉に関する書籍を紹介しているコーナーでは、

国際協力ボランティア情報コーナーで紹介している団体が発行している本を紹介しています。

ひろ協働センターでは、ゆっくり読んでいただけるスペースと、貸し出しも行っています。

本紹介コーナーでは、スタッフの一言感想も一緒に掲示してありますよ〜♪

気になる本がみつかったら、ぜひ、来てみてくださいね~^^

 

スタッフ 大下