【9月おすすめ本紹介/ひろ協働センター】

9月になりました。

今年も、残り4か月を切りました。

ひろ協働センターでは、今月も本の紹介をしていきますよ^^

 

9月に紹介する本は・・・

 

「されど愛しお妻様」(鈴木 大介/箸)

著者の鈴木大介さんは、貧困問題や少年非行を中心に取り上げるルポライターです。

41歳の時に、脳梗塞で倒れ高次機能障害になりました。

その闘病生活を支えた「お妻様」は、大人の発達障害。

これまで妻の行動が理解できずにいた鈴木さんは、ご自身が高次機能障害になったことで

妻の行動が理解できるようになったそうです。

「第4章」の「なぜできないのか」が見えてきた を読んでいると、

発達障害や脳に障害のある人の生活がこうなっているのか!と、読んでいる人にも見えてきます。

読みやすい口調で書かれているので、さくさくと読み進めていくことができますよ。

現代ビジネスのホームページで連載されていますので、読んでみてはいかがでしょうか。

 

そして。

9月1日は、防災の日でした。

7月には、西日本豪雨災害もありました。

今日も、台風が通過しました。

これからも、まだまだ、防災意識を忘れずにいきましょう!ということで

今まで「福祉関連図書紹介コーナー」だったスペースを

「災害関連図書紹介コーナー」に変更しました。

 

・災害ボランティア入門(ピースボート 災害ボランティアセンター/著)

・いつ大災害が起きても家族で生き延びる(小川 光一/著)

・みんなの防災ハンドブック(草野 かおる/著)

・災害支援手帳(萩上 チキ/著)

・逃げるバリアフリーマニュアル(沖縄バリアフリーツアーセンター/編)

・「もしも」に備える食(今井 伸一・今泉 マユ子/箸)

・いぬと、ねこと、わたしの防災 いっしょに逃げてもいいのかな?(平井 潤子/箸)

 

どれも、参考にできる内容です。

ぜひ、手に取って確認してみてください!

 

 

ひろ協働センターでは、ゆっくり読んでいただけるスペースと、貸し出しも行っています。

本紹介コーナーでは、スタッフの一言感想も一緒に掲示してあります♪

広に来た際には ぜひ、来てみてくださいね~^^

 

スタッフ 大下