呉市市民協働センター

あなたと一緒に考えます 市民協働のまちづくり

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う3月7日(月)からの呉市市民協働センターの利用について(くれ協働センター,ひろ協働センター)

 日頃より,呉市市民協働センターの運営にご協力いただきありがとうございます。
 この度,令和4年3月6日(日)をもって,広島県において「まん延防止等重点措置」が解除されることとなりますが,当センターの利用に当たっては,引き続き次の感染防止対策を講じていただきますようお願いいたします。

■感染防止のため,「三つの密」を避けてください。
(1)換気の悪い密閉空間にしない(1時間に1回は窓を開ける等の換気を行う等)。
(2)人を密集させない(最低限の人数での利用,人と人との接触を避けるための十分な距離(できるだけ1mを目安に)を確保する等)。
(3)近距離での会話等(密接)をしない(お互いに手を伸ばしたら届く範囲以上の距離を保つ,会話を控えめにする等)。

■次の感染防止対策が厳守となります。
(1)体調の悪い利用者は,参加していただかないこと。
(2)出かける前に体温の確認を行っていただくこと。
(3)マスクを着用していただくこと。
(4)利用前後に手洗いや消毒を行っていただくこと。
(5)利用時間は,可能な限り短くなるよう心掛けていただくこと。
(6)利用者の「住所,氏名,連絡先(電話番号)」の名簿を提出していただくこと。
(7)利用する部屋の換気(1時間に1回)を行っていただくこと。
(8)使用後は,使用された机,椅子,物品の水拭き清掃等を行っていただくこと。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため,利用者の皆様の健康と安全を最優先とさせていただきますので,ご理解いただきますようお願いいたします。
 なお,今後の感染状況や国・県の方針等により,適宜,見直しを行います。利用状況に変更があればホームページ等でご案内しますので,利用時にご確認ください。

※くれ協働センターについては,3月7日(月)は休館日となりますのでご注意ください。

〔お問い合わせ〕
呉市市民部地域協働課 0823-25-3501(平日)
くれ協働センター 0823-25-5602(月曜休館)
ひろ協働センター 0823-71-0321(水曜休館)
呉市市民協働センターHP http://kurekyoudou.net

【年末年始の休館日のお知らせ】

平素より、呉市市民協働センターをご利用いただきありがとうございます。
協働センターの年末年始の休館日は、下記のとおりになりますので、お間違えないようにお気をつけください。
なお、ひろ協働センター は 5 日(木)からの開館となります。
ご不明な点がございましたら、各センターまでお問い合わせください。

【お問い合わせ】
くれ協働センター tel 0823-25-5602(月曜休館)
ひろ協働センター tel 0823-71-0321(水曜休館)

【団体紹介動画:樹の音会】

呉市市民公益活動団体の団体紹介動画を公開しました。

https://youtu.be/rDRU_M-pne0

【団体紹介】
樹の音会
e-mail ●aroma.kinone@icloud.com
携帯電話 ●0823-34-2130(今村)  

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
呉市市民公益活動団体のご紹介です。 ボランティアをはじめたい方、新たなボランティアを探している方。
「何か地域に関わることをしたいな」という思いがある方。
呉市内には、ボランティア活動、非営利活動をする団体が沢山あります。
「やりたいこと」を見つけるきっかけに、ご活用ください。

呉市市民協働センター 
http://kurekyoudou.net/

市民公益活動団体とは …
自主的かつ自発的に行う非営利の、不特定かつ多数者の利益の増進に貢献することを目的とした活動を行う団体です。

【協働のコーディネート:天応まちあるき】

協働のコーディネートとして、11月3日に開催されたNPO法人 ひろしまジン大学さんの天応でのまちあるき企画をサポートさせてもらいました。
呉市内で災害をテーマとしたまちあるきをしたいとのご相談があり、天応地区で災害また地域のコミュニティづくりに関わる方々をご紹介させてもらいました。

今回、まちあるきをしながらお話いただいたのは、災害時に災害ボランティアの地域でのサポートしながら「がんばろう天応」というfacebookページを立ち上げて天応地域のボランティア情報などを発信していた方と、呉市市民公益活動団体のつなごう@天応さん、復興に向けて地域の方と一緒に絵を描いているアーティストのこだまこずえさんです。

まちあるきでは、災害当時は土砂の仮置き場になっていた呉ポートピアパークや仮設住宅があった場所、避難所になった天応まちづくりセンター、校庭が土砂の被害を受けた旧天応中学校、被害が大きかった大屋大川沿いを地域の方のお話を聞きながら巡りました。

今回は、災害当時の様子を知っていただくために、訪問先である地域の方に協力をいただいてグーグルマップに当時の写真などを配置して、参加者の方々に共有してもらいました。当日のまちあるきでポイントにした箇所と地域の方からの天応のオススメの場所もポイントしています。是非参考にしてみてくださいね。

天応まちあるきmap
https://www.google.com/maps/d/u/0/edit… 

※協働のコーディネートは、様々な団体が協働して地域課題に取り組んだり解決するためのサポートをします。

スタッフ 小野

【ボランティア情報 11月(2022)】

呉市市民協働センターでは、毎月、ボランティア募集情報やセンターからのお知らせをメールマガジン「メルボラ」で配信しており、情報は各センターでの掲示物でもお知らせしています。

参加したいボランティアがある場合は、それぞれの連絡先に直接お問い合わせください。

ぜひ様々な活動をする際の参考にしてくださいね!

※新型コロナウイルス感染拡大によっては、ボランティア活動が中止になる場合があります。必ず事前に主催者にお問い合わせください。宜しくお願いいたします。

*******もくじ*********
期間限定ボランティア 4件
随時募集ボランティア 8件
呉市市民協働センターからのお知らせ 6件
*******************

◯期間限定ボランティア◯

【古切手・書き損じはがきの整理ボランティア募集】

内 容:呉市内の郵便局などに設置してある「善意のポスト」に集まった古切手・書き損じはがきの仕分けや整理をするボランティアを募集します。日 時:2022年12月23日(金)13時30分から15時30分
場 所:呉市社会福祉協議会 2階 会議室 呉市中央5-12-21 呉市福祉会館内
定 員:先着10名(※要予約)
問合せ:呉市社会福祉協議会 地域福祉課
電 話:0823 25 3505
備 考:各自での感染症対策にご協力をお願いします 

【除草・清掃ボランティア募集】

呉市二河公園多目的グラウンドの除草と清掃を行います。みんなで協力し合い、きれいな町を子や孫に引き継げるよう、一緒に地域の掃除をしませんか?
日 時:2022年12月25日(日)9時から12時
場 所:呉市二河公園多目的グラウンド(元二河陸上競技場)
定 員:なし。中学生以上 ※18歳以下の方は必ず保護者の了承を得てから参加してください
問合せ:呉走遊会(クレソウユウカイ)
電 話:090 8718 3636
メール:jukikure@hi3.enjoy.ne.jp
担 当:阿部

【~外国にルーツをもつ児童・生徒のために~「冬休み 宿題応援プロジェクト」ボランティア募集】

内 容:呉市国際交流協会では、外国にルーツをもつ児童・生徒の冬休み中の宿題、プリントやドリルの勉強のお手伝いをしていただくボランティアを募集します。日本語による活動なので、外国語ができなくても大丈夫です。子どもが好き、勉強を教えてみたい方、大歓迎です。
活動日:12月27日(火)、12月28日(水)、1月5日(木)
時 間:10時から12時
場 所:国際交流センター(呉市役所1階)
サポート対象者:呉市内の小中高等学校に通う外国にルーツをもつ児童・生徒
備 考:国籍・年齢・不問。学生の方には「ボランティア証明書」を発行します。
問合せ:呉市国際交流協会(〒737-8501 呉市中央4丁目1−6 呉市役所1階国際交流センター内)
電 話:0823 25 5607 
メール:kurekiea@gmail.com 
申 込:メールで問合せをしてください。折り返し申込用Googleフォームをお送りします。

【命が救える身近なボランティア「献血」のお知らせ】

《400mL献血 主な献血基準》

年 齢:男性17から69歳 ※ 女性18から69歳 ※(※65歳以上の献血については、献血される方の健康を考え、60から64歳の間に献血経験がある方に限ります。)
体 重:男女とも50kg以上
献血間隔:男性12週間・女性16週間以上
総献血量:過去12ヶ月に200mL・400mL合わせて、男性1200mL・女性800mL以内
問合せ:呉市献血会(呉市役所 地域協働課内)
電 話:0823 25 3223

《2022年12月・2023年1月の日程》

■12月2日(金)9:30-12:00/13:15-15:30 藤三阿賀ショッピングセンター
■12月6日(火)9:30-12:00/13:15-15:30 藤三安浦ショッピングセンター
■1月11日(水)9:00-11:30/12:45-16:00 呉市役所
■1月18日(水)9:30-11:30/12:45-15:30 総合ケアセンターさざなみ
■1月20日(金)9:30-12:00/13:15-15:30 エブリイ呉海岸店

◯随時募集ボランティア◯

【呉市二河公園多目的グラウンドの除草・清掃ボランティア募集】

内 容:クレソウユウカイ(呉走遊会)は周囲との絆づくり、子や孫に誇れる良い地域社会を残したいと考え、活動を継続しています。28年間呉市二河公園多目的グラウンドの除と清掃を行っています。みんなで協力し合い、きれいな町を子や孫に引き継げるよう、一緒に地域の掃除をしませんか?
日 時:年数回(お問い合わせください)
場 所:呉市二河公園多目的グラウンド(元二河陸上競技場)
定 員:制限なし
問合せ:クレソウユウカイ(呉走遊会)
電 話:090 8718 3636
メール:jukikure@hi3.enjoy.ne.jp
担 当:阿部

【地域・子ども食堂応援ボランティア募集】

内 容:令和3年12月にスタートした地域・子ども食堂を一緒に盛り上げてくださる方を募集しています。月1回の開催日に調理や配膳をお手伝いしてくださる方、その他食材や調味料の寄付や寄付金もお待ちしております。
日 時:毎月第2土曜日 午前10時から
場 所:一般財団法人 呉YWCA(呉市幸町3−1)
定 員:数名
問合せ:一般財団法人 呉YWCA
電 話:0823 21 2414(火-金 10時-18時/土 10時-17時)
担 当:家頭(やがしら)
備 考:公共交通機関でお越しください

【天文ボランティア募集】

内 容:天文台の運営をお手伝いいただける方を募集いたします。宇宙や天体に関する知識を身につけたい方、宇宙の魅力を伝えたい方、人と接するのが好きな方など、経験・未経験は問いません。ご興味のある方は、ぜひご連絡ください。

対 象:大人(夜間、交通手段が確保できる方なら市内外を問いません)
活動日:毎週土曜日の定例観望会、イベント開催日、団体利用時など。※その他の活動日についてはご相談ください。
活動場所:呉市かまがり天体観測館、海と島の工作館など
申込み:お電話または電子メールにてお知らせください。ご都合の良い日に当館にて面接をさせていただき、活動内容にご同意・ご賛同をいただける場合はボランティアをお願いいたします。
問合せ:呉市かまがり天体観測館(〒737-0402 呉市蒲刈町大浦8160)
電 話:0823 66 0925(13時以降)
メール:info@kamaten.net
その他:現在は決まっておりませんが、趣味で撮られた天体写真を紹介してくださる方や参加者へ竹とんぼや紙飛行機等の作り方の工作をボランティアでご指導いただける方など、天文・科学分野にて特技や経験をお持ちの方もこの機会にお知らせください。

【里山の登山路整備ボランティア】

内 容:中国自然歩道(約300km)主に灰ヶ峰や休山の登山路の手入れを一緒にしてくださるボランティアを募集します。
活動日:毎月第1日曜日と第3土曜日
時 間:9時から12時
集合場所:現地集合・解散(場所はその都度お問い合わせください)
備 考:タオルと飲み物を持参してください(道具類の持参は不要)
問合せ:サポート・トレッキング・グループ
電 話:0823 33 5836

【中国労災病院 病院ボランティア】

内 容:病院スタッフとともに患者さんのご案内や、ちょっとしたお手伝いをしていただけるボランティアを募集しています。
活動内容:受付の仕方がわからない・自動再来受付機の操作方法がわからない・行きたい場所がわからない・手や目が不自由で申込書が書けない・車いすの使い方がわからない…等で困っている患者さんのお手伝いをしてください。
日 時:活動時間は平日(週1回から、時間・曜日応相談)
その他:ボランティア保険に加入(病院負担)・1年に1回健康診断を無料で受けることができます・交通費は自己負担となります
問合せ:中国労災病院 総務課
電 話:0823 72 7171

【地域の庭づくりボランティア】

内 容:ハーブガーデン、野菜のゾーン、和風庭園&ビオトープ、季節の花ゾーン、野鳥を呼ぶゾーンなどみんなで地域の庭作りをしましょう。楽しい人・花が好きな人・野菜づくりが好きな人・ハーブを育てたい人を募集します。
日 時:毎月第1・第3日曜日 9時から2時間程度
場 所:JR広駅東、白岳中通学路沿い
問合せ:「広の庭づくりプロジェクト」の会
電 話:080 5623 7754 代表 信谷(のぶたに)

【呉かるた会 練習会の運営・設営のボランティア】

内 容:かるた会の補助、サポート、会場設営、機械の操作、記録係、荷物運搬等。かるたの体験も出来ますので、ご自由にご参加ください。
日 時:毎週土曜・日曜 11時30分から17時(作業は実質12時30分まで。その後はフリー。始業時間は厳守でお願いします。)
場 所:〈土曜〉阿賀まちづくりセンター2F和室、または3F楽屋和室〈日曜〉広まちづくりセンター6F和室
定 員:2名ほど(土日とも可能な方歓迎)
問合せ:呉かるた会
電 話:0823 76 6008(担当:奥)

【エキストラ・ボランティアスタッフ登録募集】

団体名:呉地域フィルムコミッション
内 容:エキストラ・ボランティアスタッフ
担 当:呉市産業部観光振興課内
電 話:0823 25 3309
メール:kankou@city.kure.lg.jp
URL:http://www.kurearea.jp/film/index.html
備 考:なお、この募集は「登録」であり、必ずしもエキストラ及びボランティアスタッフとしての参加を約束するものではありませんのでご了承ください。

◯呉市市民協働センターからのお知らせ◯

『市民活動団体紹介ポスター展&クイズラリー』

広地区教育祭参加イベントとして、呉市市民公益活動団体(ボランティア団体)の活動内容を紹介するポスター展と呉に関するクイズラリーを開催します。
日 時:2022年11月23日(水/祝)10時から12時・13時から15時
場 所:ひろ協働センター(広市民センター4階)
問合せ:ひろ協働センター(9時-17時)
電 話:0823 71 0321(水曜休館※祝日の場合、翌日休館)
主 催:呉市市民協働センター

『「KURE防災かいぎ2023」出展者募集!』

呉市市民協働センターは、地域の防災について様々な立場の人が話を共有して学び合い、自分の地域の防災に活かすための防災イベント「KURE防災かいぎ」を2023年1月14日(土)にくれ協働センターにて開催予定です。出展者また企画サポーターを次の通り募集します。ぜひ、日ごろの防災への取り組みの発表の場としてご活用ください。
日 時:2023年1月14日(土)10時から14時
会 場:くれ協働センター(呉市役所1階)会議室、フリースペース
募集内容:
<出展>
(1)展示…日ごろの取り組みを紹介するポスターを作成いただき、パネルに展示します。サイズはA1縦、2枚までです。物品なども活用したい方はご相談ください。
(2)出展ブース…来場者参加型の防災企画を自由に考え、実施いただきます。
<防災ゲームサポーター>
子どもが楽しみながら学べるカードゲームや持ち出し品チェックなどの企画コーナーを担当していただきます。個人で参加をしてみたい方など、ご検討ください。
申込み方法:
<出展>
お電話、またはメールで「氏名」「団体名」「出展希望内容」「電話連絡先」をお伝えください。
<防災ゲームサポーター>
お電話、またはメールで「氏名」「電話連絡先」をお伝えください。ゲームの内容の確認のため、本番までにくれ協働センターにお越しいただく必要があります。
いずれの場合もメールの場合は件名に「防災かいぎ申込み」とご記入ください。詳細については後日担当者よりご連絡させていただきます。
申込締切日:12月8日(木)
申込先:くれ協働センター(火-土9時-20時/日祝9時-17時)
電 話:0823 25 5602 (月曜休館※祝日の場合、翌日休館)
メール:kurekyodo@sirius.ocn.ne.jp

『にじいろカフェ』

空いた時間にできるボランティアはないかな?やりたいことはあるけれど、何から始めたらいいのかな…など。ボランティアや地域活動についてお話してみませんか? ぜひ、お気軽にご参加ください。
日 時:2022年12月23日(金)10時から12時(出入り自由)
会 場:ひろ協働センター(広市民センター4階)
対 象:呉市在住の方
参加費:無料
申込み:不要(直接会場にお越しください)
問合せ:ひろ協働センター(9時-17時)
電 話:0823 71 0321(水曜休館※祝日の場合、翌日休館)
主 催:呉市市民協働センター
備 考:新型コロナウイルス感染拡大の状況により中止になる場合があります。ご了承ください。

『キッズボランティアプロジェクト2022 〜身近なSDGsを探そう〜』

小学4年生から中学3年生を対象としたボランティア体験を行います。楽しく学べるSDGsのすごろくを体験します。
日 時:2022年12月24日(土)10時から12時
場 所:くれ協働センター会議室(呉市役所1階)
講 師:青山範子さん(環境カウンセラー)
参加費:無料
定 員:16名
持参物:筆記用具
申 込:電話のみ受付。お名前・学年・ご連絡先を伝えてください。
問合せ・申込先:くれ協働センター(火-土9時-20時/日祝9時-17時)
電 話:0823 25 5602 (月曜休館※祝日の場合、翌日休館)
主 催:呉市市民協働センター
備 考:必ず保護者の了承を得てから参加してください。

『KURE防災かいぎミーティング』参加者募集

地域の防災について様々な立場の方と話を共有する場として「KURE防災かいぎミーティング」を実施します。また、みんなでつくりあげていく防災イベント「KURE防災かいぎ」の開催を来年1月14日(土)に予定しており、ミーティングで企画内容についての意見交換も行います。
「防災について気になることがある」「気になるけれど何から始めたら良いか分からない」「他の団体の防災の取り組みを知りたい」など、防災について気になることがある方は、お気軽にご参加ください。自主防災組織の方、個人の方、学校関係者の方など、様々な参加者がいます。毎回参加する必要はありません。
日 時:2023年1月11日(水)(1)13時(2)18時
会 場:くれ協働センター 会議室(呉市役所1階)
参加方法:前日までにくれ協働センターに電話でご連絡ください
参加費:無料
問合せ:くれ協働センター(火-土9時-20時/日祝9時-17時)
電 話:0823 25 5602 (月曜休館※祝日の場合、翌日休館)
主 催:呉市市民協働センター

『おうちでにじいろサロン インスタグラムにあなたの好きな呉を投稿しよう!vol.3』

呉市文化振興課協力企画!あなたが好きな呉にまつわる写真とその写真を選んだ思いを必ず明記の上、「#わたしの好きな呉」をつけてインスタグラムに投稿してください。あなたの好きな呉をテーマとした写真ならどんな写真でも大丈夫ですが、なぜその写真を投稿したのか伝えたい思いや撮影場所を必ず明記してください。呉の歴史の趣を感じる建物や町並み、呉で行われている祭りや伝統行事なども募集します。入賞者には賞品もあります。期間中何回でもご応募可能です。
●インスタグラムのアカウントがない方
データと写真への思いをkurekyodo@sirius.ocn.ne.jpまでメール、または直接くれ協働センターへお持ちください。
応募期間:2023年2月28日(火)まで
参加費:無料
問合せ:くれ協働センター
電 話:0823 25 5602 (月曜休館※祝日の場合、翌日休館)
主 催:呉市市民協働センター
協 力:呉市文化振興課

********************

【「メルボラ」の登録と解除方法】

「 mm@kuresc.net

上記のメールアドレスの件名に、登録する場合は「登録」と記入して送信してください(本文は未記入で構いません)。ご登録いただくと、呉市市民協働センターからメールマガジン「メルボラ」を配信します。
ご購読は無料です。是非、ご登録ください。
また、解除する場合は「解除」と記入して送信してください。

********************


呉市市民協働センターでは、地域情報や団体紹介をしています。
ぜひ、呉市役所1階の「くれ協働センター」広市民センター4階の
「ひろ協働センター」にお越しください。

発行元:呉市市民協働センター
呉市中央4丁目1−6 呉市役所1階
TEL:0823 255602(くれ協働センター)

呉市市民協働センター
http://kurekyoudou.net/

【次回にじいろくれよん取材中:「ひろしま自然の会」さん】

12月発行の呉市市民協働センターニュースレター「にじいろくれよん」の取材でひろしま自然の会さんの二河公園観察会を訪問しました。
この日は、巣箱づくりと、春から夏にかけて設置していた巣箱を取り外し、巣箱の中がどのようになっているかを観察していました。
活動のはじめに、メンバーの方が観察してきたアサギマダラという蝶の飛来状況のお話や、当日公園で観察できるかもしれない鳥の説明などがありました。全てメンバーの方が調べた内容で、子どもたちもしっかり聞いていました。取り外した巣箱を見ながら、子どもたちは大はしゃぎでした。
「わたが入っているのはシジュウカラの巣よ」
「藁の場合はスズメなんじゃけど今年はおらんね」
鳥に詳しいメンバーの方が説明しながら進めていました。

ひろしま自然の会さんは、二河公園、郷原、灰ヶ峰でこのような観察会をしています。誰でも参加できるそうです。
団体紹介動画もあるので是非ご覧くださいね。
https://www.youtube.com/watch?v=tAWJMfCbFWc

活動と、活動をする人を紹介するニュースレターは12月発行予定です。

スタッフ 小野

【キッズボランティアプロジェクト2022/バリアフリーを考えよう】

小・中学生を対象としたボランティア体験講座「キッズボランティアプロジェクト」の第6弾である「バリアフリーを考えよう」を11月12日に開催し、小・中学生4名と高校生のボランティア1名が参しました。

まず、はじめに呉市国際交流員のエミリーさんから住んでいた国であるカナダのバリアフリーについて話を聞きました。

カナダ市民の20%以上がカナダ以外で生まれているそうです。
カナダではさまざまな民族が暮らし、異文化に対してとても寛容的で、お互いの文化を尊重し合いながら生活しているそうです。
他国の文化やバリアフリーを知ることで、自分たちの国を振り返ることができました。
参加者からは「カナダと日本の違いに驚いた」や「障害のあるなしに関係なく平等に接するべきだと思った」という感想がありました。

電動車椅子はカナダで発明されたそうです。
公共バスも乗車口が広く低くなっており、車椅子の人が利用する場合、スロープが自動で開くそうです。
カナダではサイクリングが好きな人が多いそうで、バスの前方に自転車専用の荷台設けられていて、帰り道など疲れたらバスを利用して帰れるそうです。

公共施設・街のあちこちバリアフリー。
このように細やかな気配り、住んでいる人々にとって優しいまちなのだそうです。

次に、呉市社会福祉協議会の渡川さんから車椅子の基本的な使い方を教わりました。
使い方を教わった後は実際に車椅子に乗って呉市役所周辺のさまざまなバリアフリーを探しに行きました。


スロープ、ユニバーサルデザインの自販機、電話ボックスなど8カ所を巡り、社会福祉協議会の方からお話を聞いたり、参加者同士で気づきを共有しました。
例えば坂道が急勾配だと車椅子の方もまた介助する人にとってもかなり押す必要で負担が大きいことが分かり、坂道では後ろ向きで下りることを学びました。

バリアフリーを探したことで、普段何気なく使っていたものや場所が、高齢者であったり障害を持つ方だったり、さまざまな立場の方にとって使いやすくやさしい配慮がなされた設計になっていることに気づきました。

体験後、個々で用紙に気づきを記入してからグループで感想を共有し合う時間を設けました。
互いに話すことで他の人が自分とは違う視点の感想を持っていることに気づいたり、同じ気持ちだと共感できたり、体験が深まったように思います。

参加者からは「実際に回ってみたことでバリアフリーを実感できた」「バリアフリーが増えたらいいな」と感じたなどの感想がありました。

誰かを思いやるやさしい気持ちや行動がまちの中に広がって、より住みやすいまちになっていく。
知ることや、気づくことはその第一歩になると思いました。

スタッフ 岩崎

【\来週11/9開催「KURE防災かいぎ ミーティング」参加者募集!/】

地域の防災について様々な立場の方と話を共有する場として「KURE防災かいぎ ミーティング」を実施します。
また、みんなでつくりあげていく防災イベント「KURE防災かいぎ」の開催を1月14日(土)に予定しており、ミーティングで企画内容についての意見交換も行います。
「防災について気になることがある」「気になるけれど何から始めたら良いか分からない」「他の団体の防災の取り組みを知りたい」など、防災について気になることがある方は、お気軽にご参加ください。

■日時
11月9日(水)①13時②18時

■会場
くれ協働センター 会議室(呉市役所1階)

■参加方法
各回、前日までにくれ協働センターに電話でご連絡ください。
[お問い合わせ]
TEL:0823-25-5602 くれ協働センター 月曜休館※休日の場合は翌日

【自治会・まちづくり委員会・まちづくり協議会巡り:くれ中央地区まちづくり委員会】

呉市市民協働センターでは、各地区のまちづくりの取り組みを紹介するため、様々な団体さんの活動に伺っています。
今回は「くれ中央地区まちづくり委員会」を取材。くれ中央地区まちづくり委員会会長の木村さんにお話を聞きました。

●中央地区ってどんなところ?
中央地区は市の中心に位置しており、呉駅や呉市役所などの官庁施設、呉市立中央図書館などの公共施設や総合病院、学校もあり日常生活も便利です。また、JR呉線、呉中央桟橋ターミナル、広島呉道路(クレアライン)などの交通網により、市内や市外にもアクセスしやすい地域です。平地が多く土砂災害の不安も少ないため、呉市内で災害が起きた場合、自らの安心・安全だけではなく、他地区の応援にも行けるよう心掛けています。

●中央地区の良いところ
くれ中央地区まちづくり委員会会長の木村さんは「美観や環境面を保持するため、定期的に一斉清掃として呉駅を中心にパトロール隊をいくつも結成し、ゆめタウンや呉中央桟橋などをパトロールしています。この地区には子どもたちもたくさん住んでいるので、子どもたちにとって安心・安全であり楽しい地域であって欲しいと考えます。大人になってもこの地域に住み続けたいと思ってもらえるようできる限り活動しています。」とお話しされました。

●くれ中央地区まちづくり委員会の特色
中央地区には史跡や神社仏閣、伝統行事がないため、地区の祭りがなく子どもから高齢者まで一体となったイべントがしばらくありませんでした。前会長の中谷さんが子どもたちの思い出として残る夏休みのイベントにしようとまちづくり委員会のメンバーに働きかけ、盛大にくれ中央夏まつりを開催しました。その思いを引き継いで関係各所と協力し合い、知恵を絞ってまちづくりに取り組んでいます。 

●くれ中央地区まちづくり委員会の行事(※一部紹介)
・くれ中央秋まつり
多世代が交流し賑わいの場を創り出すと共に、地域の方の参加意識の向上を目指し、ハロウィンを兼ねた、くれ中央秋まつりを呉市役所西隣の噴水広場で開催しています。ボーイスカウト呉第12団音楽隊の演奏演技がオープニングを飾り、ゲームコーナーや飲食コーナーを設けています。団体と地域との連携、世代間交流、地域の団結にも繋がっているイベントです。

・中央地区まるごとウォーキング大会
まちづくり委員会内の健康づくり部会が中心となって実施しています。地域住民の健康意識を高めると共に、世代間交流の場となっています。ウォーキングコースとなる中央地区は交通量も多いため、まちづくり委員会メンバーが先導しコースを管理するなど、参加者の安全確保に留意し実施しています。高齢者の方も楽しく健康づくりができるように無理のないコースを選定しています。 

●まちづくりの課題
マンションが増え、単位自治会の活動人口やマンション住民と自治会の交流が減っており、自治会への加入者が少ないため人と人との繋がりが希薄になり、若い世代が地域行事に参加する機会が少なくなっています。そのため、くれ中央地区まちづくり委員会では若い世代に地域行事への参加を呼び掛けると共に、世代間で交流を生み出すような創意工夫した行事を企画・立案しています。 

写真は10月に開催されたくれ中央秋まつりの様子です。仮装して参加するとお菓子のプレゼントがあり、仮装を楽しむ子どもたちも見られ、家族連れで賑わっていました。

スタッフ 岩崎

【団体紹介動画:ダブルケアひろしま】

団体紹介動画を作成しました。
今回、ご紹介したのは「ダブルケアひろしま」さんです。
ダブルケアとは、育児や介護などが重なる状態のことだそうです。

感染拡大に伴って座談会の開催なども検討しながら進められているそうですが、感染拡大の中だからこそのダブルケアでの苦労などを話す場づくりなど、活動をされています。ぜひ、ご覧くださいね。

https://www.youtube.com/watch?v=r_KrL4K18Dw

【団体紹介】
ダブルケアひろしま
ダブルケアをしてる人、興味がある人が集う「ダブルケアカフェ」を開催しています。

*******************************

ボランティアをはじめたい方、新たなボランティアを探している方。
「何か地域に関わることをしたいな」という思いがある方。
呉市内には、ボランティア活動、非営利活動をする団体が沢山あります。
「やりたいこと」を見つけるきっかけに、ご活用ください。

呉市市民協働センター 
http://kurekyoudou.net/ 

市民公益活動団体とは …
自主的かつ自発的に行う非営利の、不特定かつ多数者の利益の増進に貢献することを目的とした活動を行う団体です。

【2022年度 第1回利用者交流会】

10月28日(金)、2022年度第1回利用者交流会を開催しました。
利用者交流会は、団体同士の交流や意見交換を目的として、年度ごとに2回開催しています。

9団体10名の方にご参加いただき、第1部で「SNSやブログ、HPを使った広報のコツ」というミニ講座を開催、第2部で2グループに分かれ、団体交流会を行いました。

第1部ミニ講座は、カタカナが多くインターネットを使い慣れていない方には少し分かりにくい部分もあったのですが、すでにSNSを活用されているけれどブログやHPは使っていない方、SNSをこれから使おうと思っている方には、参考になったと言っていただけました。

第2部の交流会では、いつも話す機会のない方とお話しする機会があってよかった、他団体の広報誌やチラシなどを見て、紙媒体での広報の良さも改めて感じた、と言った意見もいただき、有意義な交流会になったと思います。

今年度は3月頃に第2回利用者交流会を開催する予定です。
ぜひ皆様のご参加をお待ちしています。

« Older posts