【7月おすすめ本紹介/ひろ協働センター】

7月になりました!!

梅雨が明けるのは、もう少し先になりそうですね。

暑い日が増えてきましたが、今年も熱中症に気を付けながら、ひろ協働センターでは、今月も本の紹介をしていきますよ〜♪

 

7月に紹介する本は・・・

 

・社会をちょっと変えてみた(駒崎 弘樹・秋山 訓子/著)

・やってはいけないデザイン(平本 久美子/著)

 

この2冊です!

「社会をちょっと変えてみた」

「ふつうの人が政治を動かした七つの物語」というサブタイトルのように、

前半は、普通の人たちが、普通に世の中を変えていった7人の事例を紹介してあります。

後半は、著者でもあるNPO法人フローレンス(病児保育)代表理事の駒崎弘樹さんが、

やってみたいと思った人へ社会を変える方法が書かれています。

社会に対して、何か気になることがある人必見です。

 

「やってはいけなデザイン」

この本は、とにかくわかりやすい!

・原稿編

・レイアウト編

・文字・フォント編

・カラー編

・写真・イラスト編

の5章から成り立っています。

「やってはいけない」→「これでOK」を参考に少し変えるだけで、

チラシ、ポスター、プレゼン資料、広報誌が変わっていきますよ!

ぜひ、一度、手に取ってみてください。

 

このほか、「くれ環境市民の会」発行の「レッドデータブックくれ」も入手しました!

呉市の絶滅のおそれのある貴重な野生動物を見ることができますよ。

 

ひろ協働センターでは、ゆっくり読んでいただけるスペースと、貸し出しも行っています。

本紹介コーナーでは、スタッフの一言感想も一緒に掲示してあります♪

広に来た際には ぜひ、寄ってみてくださいね~^^

 

スタッフ 大下